ミノキシジルの働きと役割

ミノキシジルはプロペシアと並んで男性型脱毛症の治療に使われることが多い薬です。
内服薬と外用薬の2種類があり、主に市販されているのは頭の頭皮に直接つける外用薬です。

ミノキシジルは髪の毛の細胞に直接働きかけるので、細胞の分裂を活発にすることができます。
その結果、髪の毛の成長を促し丈夫な髪の毛が増えるようになります。

ミノキシジルはもともと血管を広げ高血圧の治療薬として使われていたため収縮した血管を広げると同時に血流が流れやすくなります。
血流が流れやすくなると血行が良くなるので、頭皮の部分の血行も良くなり毛根に栄養が行きやすくなります。 血行をよくする役割のため、脱毛がひどい場合は食い止めることはできにくくなります。

ですが、進行を遅らせることができ発毛を促進することができます。

ミノキシジルは少しずつ聞いてくる薬で即効性はなく、急には発毛してこないため薬の使用を途中でやめてしまったり、忘れてしまったりしてしまいますが、長期間使うことで効果が現れる薬です。
忘れずに継続して使用するようにしましょう。

継続する期間としては最低でも3か月から半年以上となっています。

男性型脱毛症は男性ホルモンによるものが多いですが、ストレスや喫煙、飲酒のし過ぎ、不規則な生活、食生活の乱れによっても起こります。

進行していく脱毛症のため、抜け毛が多くなった、と感じたら早めにミノキシジル等を利用するとともに生活も見直すように心がけます。