プロペシアとミノキシジルの違いについて知っておこう

AGA治療薬として使用されることが多いのがプロペシアとミノキシジルです。

AGAは、男性ホルモンの影響から髪の毛が、十分に発育しないまま早く抜け落ちてしまい薄毛となってしまいます。

頭頂部や髪の生え際が薄くなるのが特徴で抜けないためにも薄毛の原因となる男性ホルモンをそれ以上生成されないようにし、血行を良くすることが大事です。

プロペシアは男性ホルモンに働きかけ、脱毛が起きるのを抑える働きがあります。
薬を毎日継続して飲むことが大事で、男性のみ服用することができます。

男の子を妊娠している方や未成年の場合は男性器が育たない危険性があるので服用だけでなく触るのも禁止となっています。

一方ミノキシジルは血行を良くする、血管を拡張するといった働きがあります。

すでにAGAが進行した場合に効果があり発毛を促進します。血管拡張剤として開発され高血圧の治療薬として使われていました。

ミノキシジルには内服薬と外用薬とがあり塗るタイプよりも錠剤を服用した方が効果が現れる傾向にあります。

なおプロペシアとの大きな違いは女性でも使用することができる点です。

ミノキシジルは濃度が高いほど効果が現れます。
女性の場合は濃度が低いことが多く濃度が高いものを使用してしまうと体毛が濃くなることがあります。女性用と男性用とに分かれているので、必ず女性用のものを使用するようにします。

2つの薬剤は継続して使用することが大切です。
進行していて発毛を促進したい場合はミノキシジルが含まれたものを使用すると良いでしょう。