AGA治療で使用するリキッドタイプのミノキシジルのかゆみ・かぶれの対処法

男性にとって薄毛の発症はとても悩ましいものです。
これらを引き起こす原因には様々な要素が考えられますが、頭皮の毛穴詰まりや生活習慣による血行不順、そしてAGAという病気はとりわけ代表的と言えるでしょう。

もしもAGAを発症している場合には専門のAGA治療が必要です。

内科や外科、皮膚科、美容クリニックを始めとする医療機関では主に飲み薬やリキッドタイプの塗り薬などを処方してこの治療を行いますが、この塗り薬として用いられるのがミノキシジルという薬品です。

ミノキシジルは薄毛を発症している頭皮に塗ることによって毛細血管を拡張させてより多くの血液を体内に循環させるようになります。
こうすることで毛乳頭に十分な栄養分が供給されるようになるのです。

ただし使用するにあたっては副作用にも注意しなければなりません。

ミノキシジルを使うとかゆみやかぶれが生じることがあるのです。
これはミノキシジルが血管を拡張して血液循環を活性化することで肌の体温が上昇し、それによってかゆみが引き起こされたり、あるいはミノキシジルに含まれる溶剤がアレルギー反応を引き起こしているケースもあります。

もしも我慢できないほどのかゆみであればすぐに使用を中止し医師の診察を仰ぐことが必要です。
その際には濃度の薄い、刺激の弱い育毛剤に変えたり、使用されている溶剤の異なるものに変えるなどの対策が必要です。

また、我慢できるほどの症状である場合、しばらく使い続けることでその症状がなくなる可能性もあります。