AGA治療で使用するミノキシジルで頭痛や動悸が起きる理由

AGA治療薬として多くの人に知られているミノキシジルは、使用することで頭痛や動悸が起きることがあります。
これは、ミノキシジルがもともと高血圧の人の治療のために使われていた薬のため、血圧を下げる効果があるためです。

血圧を下げるには血管を拡張して、血管の中を通ることができる血液の量を増やします。
そのためもともと血圧が高くない人が服用すると必要以上に血圧が下がってしまい、頭部に必要な酸素が行き届かなくなってしまいます。

脳は酸素が必要になるため脳内の血管を拡張させることで血流を良くして酸素を取りいれようとするのですが、血管が拡張したことで脳の神経が圧迫されて頭痛が起こると言われています。

また、今までに偏頭痛を起こしたことがあったり、日常的になっている人はミノキシジルを飲むことでその頻度が多くなったり症状が酷くなる可能性があります。
この場合にも何らかの理由で血管が神経を圧迫することで起こると言われているため、同じように血管を拡張する作用があるミノキシジルを服用すると症状の悪化の可能性があるのです。

動悸が増える理由は、ミノキシジルの血管拡張作用が動脈にのみ影響するためだと言われています。そのため動脈は拡張して多くの血液が流れるようになっても静脈は全く影響を受けないため、血流のバランスが不均衡になってしまうことが原因で動悸が起こると言われています。

どちらもあまりにも症状が酷い場合には服用を中止するようにしましょう。